2020年8月11日にWordPress 5.5がリリースされます。このリリースにはGutenbergのアップデート、プラグインやテーマの自動アップデート機能の追加、Native-Lazyloadのサポート、sitemap.xmlのWordPressコアへの統合、jQuery最新版への段階的なアップデートなどが含まれています。

Gutenberg 8.5

WordPress 5.5にはGutenberg 8.5のアップデートが含まれています。

ブロックのドラッグアンドドロップ

Gutenbergの導入以来、ブロックをドラッグアンドドロップして並び替える機能はほとんど変更されていませんが、今回のリリースにはこの機能を改善するためのいくつかのアップデートが含まれています。ブロックが小さなドラッグチップに置き換えられ、ドラッグによるスクロールの動作がスムーズになります。

画像の編集

Gutenberg内で画像のアスペクト比、ズームレベル、位置を調整することができるようになります。

画像の回転も可能です。

マルチブロックコントロール

同じタイプの複数のブロックを選択することで、属性を一度に変更できるようになります。

ブロックディレクトリー

サードパーティーのブロックを見つけてインストールし、エディターの投稿に挿入することができます。この機能はWordPressのプラグインディレクトリーによって提供されていて、独自のブロックを公開することもできるようになります。

その他の細かい機能はWordPress Coreの#gutenbert-newタグが付いたブログ記事に詳しく載っています。

プラグインやテーマの自動アップデート機能

既にWordPressコアでは自動アップデート機能が有効になっていますが、WordPress 5.5からはプラグインやテーマも自動アップデートすることができるようになります。

ちなみにデフォルト設定は自動アップデート「しない」になっているので勝手にアップデートされることはありません。

自動アップデートのユーザーインターフェイスを無効にする

このプラグインやテーマの自動アップデート機能のUI自体を非表示にすることができます。これは有効化や無効化を制御するものではなくあくまでも「非表示」にするだけです。

// Disable plugins auto-update UI elements.
add_filter( 'plugins_auto_update_enabled', '__return_false' );
// Disable themes auto-update UI elements.
add_filter( 'themes_auto_update_enabled', '__return_false' );

詳細は自動アップデートに関する記事に詳しく載っています。

Native-Lazyloadをサポート

WordPress 5.5からNative-Lazyloadが標準機能として実装されます。WordPressのバックグラウンド処理でwidthとheightが追加されている記事内の画像にloading=”lazy”が挿入され、Native-Lazyloadが自動で適用されて画像の遅延読み込みが実現します。過去の投稿記事の画像にも適用されます。逆に言うと記事内の画像にwidthとheightが存在していなければなりません。widthとheightがない画像にはloading=”lazy”が自動付与されないので注意が必要です。もっと言うとテーマなどの記事内以外の画像にもloading=”lazy”が付与されないのでカスタマイズが必要です。

自動でloading=”lazy”が付与される画像

  • 投稿記事内の画像(the_content)
  • 抜粋内の画像(the_excerpt)
  • テキストウィジェット内の画像(widget_text_content)
  • アバター画像(get_avatar)
  • wp_get_attachment_image()を使用したテンプレート画像(wp_get_attachment_image)

WordPress 5.5でのNative-Lazyloadに関する詳細はWordPress Coreのブログ記事に詳しく載っています。ちなみにこのブログのテーマでは個別記事のメインビジュアルはbackground-imageで指定しているのですがこれってloading="lazy"できるんでしょうか。HTMLとCSSに詳しい人誰か教えて下さい。

sitemap.xmlの統合

WordPressは今までsitemap.xmlを生成しておらず、個別にプラグインを利用する必要がありました。これがWordPress 5.5から実装されます。対象はトップページ、投稿ページ、固定ページ、タグ、カテゴリ、カスタム投稿タイプ、カスタム分類、投稿者アーカイブです。詳細はWordPress Coreのブログ記事に詳しく載っています。

jQueryのアップデート

WordPress 5.5のアップデートでの最大の目玉だと個人的には思っているのですが、WordPressコアのjQueryが段階的に最新版にアップデートされます。ただし、jQueryが与える影響は大きいのでWordPress 5.5から5.7にかけて段階的に最新版にアップデートされていきます。

  • WordPress 5.5でjQuery Migrate 1.xが削除されます。
  • WordPress 5.6で最新のjQuery、jQuery Migrate、jQuery UIへの更新が予定されています。
  • WordPress 5.7以降でjQuery Migrateが削除されます。

この段階的な移行をテストするプラグインもあります。

このjQuery移行プラグインはバグの特定に役立ちます。jQuery 3.0アップデートガイド3.5アップデートガイドには変更点に関する詳細情報が記載されています。WordPressコアのjQueryのアップデートに関してはWordPress Coreのブログ記事に詳しく載っています。

お気持ち

上記がWordPress 5.5のアップデートの大きな変更点かと思うところです。このブログではGutenbergは特にカスタマイズとかはしていないので大きなカスタマイズは不要かと思っているのですが以前まではテキストエディターをメインに使っていたのでCSSの微調整が必要かなという感じです。Native-Lazyloadに関してはテーマの編集は必要ですね。sitemap.xmlの実装はプラグインが削減できるので嬉しいです。jQueryのアップデートに関しては既に最新版を利用しているので大きな影響は無いと思うのですがfunction.phpで一度WordPressコアのjQuery読み込みを止めた上でテーマのfooter.phpで直書きでjQuery最新版を読み込んでいるのでこれがそのまま移行できればいいかなと思います。

余談

上記記事は句点で文章を改行しないで書いてみました。今までは基本的に句点で文章を改行していました。読みにくいかな?

コメントを投稿する

* が付いている項目は必須です。
メールアドレスが公開されることはありません。